カテゴリー一覧はこちら

赤ちゃんが泣き止む魔法の絵本! もいもい!

最近1歳半の娘が口にする「もいもい」と言う言葉。

以前、林先生の初耳学の番組でも紹介されたこちらの本を読んでから、喋るようになりました!

▼その本というのがこちら▼

【内容情報】(出版社より)

モイモイという言葉に対して、赤ちゃんがどんな形を思い描くのかを調べているときのことです。
あるイラストが、あかちゃんの視線をくぎづけにして離しません。
その注目度は、ほかの倍以上にもなります。

このイラストにはあかちゃんの視線を引きつける特別ななにかがあると考えた私たちは、
ここから「もいもい」というキャラクターの絵本を作りました。
この絵本をあかちゃんに見せるとビックリ!
なんとそれは、泣く子も見つめる圧倒的な注目度のキャラクター絵本だったのです。

正直大人が読んでもよく分からないのですが(ごめんなさい)、娘に見せたところ効果抜群!
大泣きしていたのですが、絵本を見せた途端に無機質な幾何学模様に釘づけ…..

さすが頭が良い人達が研究して作った絵本なのだなと感心してしまいました。

お値段1,512円と少し高めですが、購入する価値は有りだと思います。


この繰り返しの単語が、赤ちゃんとっては覚えやすいのですね!

N さん


繰り返しでも、これは怖い!

N さん

~ twitter でのレビュー ~

▼関連書籍▼