カテゴリー一覧はこちら

娘が喜んだオススメの絵本を5冊ご紹介します。

絵本てたくさんあるし….どの絵本が良いの?

この世に絵本は、無数にありますよね。
実際、自分の子どもに合う合わないかは、買ってからじゃないとわからない事もあります。

ですので、本屋さんで子どもと一緒に絵本を選ぶのがベストだと思います!

ちなみに絵本を読み聞かせるとこんな効果が….

1.親子でのコミュニケーション向上

2.色彩豊かな絵で想像力の向上

3.さまざまな文字を見るので、語彙力の向上

色々なものをとにかく吸収する子どもにとって、絵本の読み聞かせは脳のトレーニングに最適です。

「 本好きな賢い子に育てたい! 」

その為にも、たくさんの本を読み聞かせしたいですよね。

そんなこんなで、我が家の娘が楽しそうに読む絵本を5冊ご紹介したいと思います。

はらぺこあおむし

もう定番中の定番!

油絵的な絵がとても綺麗で、本に色々な仕掛けがあるので子どもの目を引きます。

色使いがカラフルな点も色のお勉強に最適です。

曜日や食べ物の名前をたくさん覚えることができます。

 

しろくまちゃんぱんかいに

なんともいえない表情のしろくまちゃん
なんか、じわじわと愛着が湧いてきます…

内容は、お買い物で欲しいものが買えなかった時の我慢する気持ちを伝える絵本です。

我慢するという気持ちを養うことで、物に対する価値が分かるようになるのではないでしょうか。

また、絵本内には難しい感情表現などはないので、子どももすんなりと理解できると思います。

もうねんね

発売は1967年!

約半世紀前もの間愛されている絵本です!
これだけ長い間読みつがれる本だからこそ安心感がありますよね。

イヌネコトリたちの「ねんね」する様子が描かれています。

最後はももちゃんもねんね…

子どもが寝る時の読み聞かせに最適な絵本です。読み終えた時は、子どももねんね….

– スポンサーリンク –




だるまさんと

温かみのある絵で、バナナメロンいちごだるまさんの掛け合いが楽しい本です。

「ぺこっ」
「ぽにん」
「ぎゅっ」
「ぱっ」

擬音がたくさん書かれているので、言葉をうまく話せない子どもも真似して発音することができます。

かおかおどんなかお

最初は顔のパーツを覚えることができます。

鼻は? 口は? 目は?

と、何回も読み聞かせながら聞くと理解して、自分の鼻や口や目を指差します。

次に、色々なイラストで感情表現を学ぶことができます。

早い時期から相手の感情気持ちが分かるようになる絵本です。

娘のお気に入りの絵本達でした!

子どもが成長するのは本当に早くて楽しみなことばかりです。
絵本をたくさん読んで感受性豊かな元気な子に育ってほしいです!