カテゴリー一覧はこちら

知育ってどんなもの? 1歳でも取り組めるワークがありました!

子どもを産んでから「知育」という言葉をよく見るようになりました。テレビだったり本だったりと様々なもので取り上げられていますよね。

「知育玩具 1歳」とか「知育 遊び」とかで私もよく検索しています。

子どもの可能性興味・関心を広げてあげたいと常々考えているのですが、具体的にどんなことが刺激になって子どもに良い影響を与えてくれるのかなと気になっています。

それにしても知育といっても様々!
みなさん本当に色んなことを実践されているんだなと驚きます。

0歳から「Baby Kumon」「ディズニーの英語教材」「七田式教育」「習い事のベビースイミング」などなど。

わが家では習い事をする予定はまだありませんが、それでも「何かしてあげたいな~」「なにか楽しめることはないかな~」と考えていました。

そんな時、久しぶりに本屋さんに行きました。

娘は見本で置いてあるハンドルがついている本に興味津々!
こんな本があるんだ!最近の本も手が込んでいるな~すごいなぁ~」と思いながら見渡すと……

アンパンマン関連の本がずらっと並んでいる!

娘:「あんぱん…まん!」(片言)

指差しをして娘が元気よく教えてくれます。
そこには公文や学研のワーク系の本もあり、だいたい2歳からとかかれているものが多かったです。

今回、娘が興味を持ったアンパンマンの本。

中はシール貼りや挨拶や絵をみて当てっこしたりと、はじめてのドリルにぴったりの本でした。

あともうひとつ、前から気になっていたものを発見!

表紙のりんごが可愛いくて、さらに6大特典付きが気になっていました。

しかし、娘はまだ2歳でもないので、2~4歳の幅が気になるなと思って購入にはいたっていませんでした。

でも….どんなものか気になるし、鉛筆もセットだから買おう!と翌日に購入。

自宅に帰り、早速広げてみました。

「これっ!」とアンパンマンのワークを差し出す娘。

「じゃぁ椅子に座って見てみようか」

こう言いましたが、すぐには座らないだろうなとは思っていました。いつも動き回るし….

スタスタスタ……..

着席!

ちゃんと座ってるー!キラキラしたお目目で見つめてくるー!

凄いです、アンパンマンパワー!

一緒に並んで開いてみました。

シール貼りを熱心にしていて、あっというまにシールを貼り終えてしまいました。
シールを重ねて貼ったりしていましたが、「ここも貼れるね。どこにしようか?」と声をかけると黙々と取り組んでいました。

はじめての鉛筆を持ってもらうと、これもまた大興奮!

「なーんなっなっ」

リズムをとりながら何かを口ずさむ娘。とりあえず機嫌がすこぶる良いので嬉しい。
ふとページをみると、アンパンマンとバイキンマンが鉛筆の線だらけになっていました。

次に学研の本を取り出して開きました。

こちらは鉛筆の握り方などが書いてあります。

握り方をサポートする補助グリップ、筆圧が弱い頃は特典の3色クレヨンを使用できます。
あいうえおポスター、三角太鉛筆、六角鉛筆、鉛筆削りの特典付きなのでセット内容を考えるとかなりお得です!

運筆のページを開いて、「ここから、ここまでかけるかな?」と説明し指でぴっーとなぞって見せました。

……真剣な眼差しの娘。

鉛筆をたどたどしく握り書き始めました!

ピー!ぐるぐるぐるぐしゃー!

ぐちゃぐちゃな線ですが、しっかりと書けています。

「凄いね~。いっぱいかけたね~」と声をかけると、口に手を当てて恥ずかしそうに笑う娘。

そのあとは鉛筆の線だらけのページになりました。

まだ運筆は難しいようです。

今回で机に座り鉛筆を持ってワークに取り組む姿を見て、2歳前でもこんな風に出来るんだと正直驚きました!

遊びの一貫で取り組むのも良い経験になるかなと思った日でした。