カテゴリー一覧はこちら

たった10分で寝かしつけができる魔法の絵本!

子どもがなかなか眠らない時ってどうしますか? 疲れて眠たくなるまで一緒に遊んだり、部屋を暗くして無理やり寝かしつけたり….でもなかなか寝ない時がありますよね。パパやママも色々することがあるし寝てくれないかな…

我が娘もそんな日があるし、眠りにつくまで暴れたり泣いたりすごく大変な日もあります。そんななかなか寝ない時におすすめの絵本があります。

おやすみ、ロジャー

こちらの本はスウェーデンの行動科学者であるカール-ヨハン・エリーン氏が執筆した絵本になります。最初はなんとスウェーデン国内で自費出版していたそうですが、2014年に英訳されてからはあまりに効果がありすぎるので話題になりました。それからこの絵本の人気は世界へ! 人気がある物はそれなりに納得できる内容なんだと思います。

さて、内容ですが眠れない「うさぎのロジャー」「読者」がいつでも眠らせてくれるという魔法使いの「あくびおじさん」に会いに行くというお話です。

子どもも自分の名前が呼ばれるので、一緒にお話の世界を冒険している感覚になるのではないでしょうか?最後はクタクタに疲れたロジャーと一緒におやすみなさい…

と言うおおまかなストーリーです!

内容も20ページ以上もあるので、眠りにつくまで読み聞かせすることができると思います。催眠術みたいな内容は睡魔を増幅してくれるのだと思いますが、やはり寝るか寝ないかは個人差があるそうです。

必ず眠れる本があったら発明物ですもんね!

ですが、効果がなかったと言う方も何度も何度も読んであげたら寝るようになった!とのレビューも拝見しました。

うちの娘は比較的効果があった方だと思います。読み始めて数ページでうとうと….そして、おやすみなさい。逆に効果がなかったら記事にもしないですもんね!とりあえず、1冊持っておけば便利な絵本だと思います。寝る時に読む時は、暗くても読める電子版が良いかもしれません。