カテゴリー一覧はこちら

都会的なサウンドのシティポップ。おすすめのアーティスト6選

最近流行りのシティポップ!あの都会的なサウンドを聴いていると気分ものってきますよね。ところでシティポップってなんぞや!?自分もよく分からずシティポップ!シティポップ!と言っていましたが….

シティ・ポップ (City pop) は、日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。正式な音楽用語ではないが、主に1970年代後半から1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。
wikipedia シティポップより引用

とのことですが….うーん。正直よく分からない。とりあえず正式な音楽用語ではないのか..。個人的にはテンションコードを多用してお洒落な感じにした楽曲なのかなと思っていました。

最近良く聞くドライブや夜のしっとりした時間に聴くシティポップ系のアーティストをご紹介いたします。

Suchmos / サチモス

シティポップの盛り上がりを牽引しているバンドですよね。ここが入り口になり他の楽曲にも手を出した方も多いのではないでしょうか?和製ジャミロクワイ といわれるように、どことなくジャジーなテイストが散りばめられてる曲が多いです。

Nulbarich / ナルバリッチ

ブラックミュージックを基盤としているお洒落なサウンドのナルバリッチ。NulbarichはNull(形なく限りなく無の状態)、 but(しかし)、 Rich(裕福で満たされている)との由来だそうです。櫻井さんが弾いているNEW ERAの歌うようなベースラインが好きです!

LUCKY TAPES / ラッキーテープス

爽やかで心地の良い音楽!これを聞いた時にドライブに行きたいと思わせる曲です。甘い声と甘いメロディライン。聴いた人が幸運になれる音楽との意味がラッキーテープスのバンド名に入っているそうです。

wonk / ウォンク

世界でも通用するような音楽性。ジャズやソウルやR&Bを融合し進化させた音楽は唯一無二な楽曲です。シンセベースを前面に使う音楽はほんとにカッコ良いです!

Tempalay / テンパレイ

米津玄師さんもツイッターでおすすめするTempalayの革命前夜。

ちなみに、gapとコラボレーションしたサイケデリックな音楽は中毒性があります!

NEIGHBORS COMPLAIN / ネイバーズコンプレイン

CMでも起用されているこの曲。シンプルな音数なのに、凄まじいグループ感やインパクトんを与えてくれる音楽! 運転が楽しくなるエモーショナルな曲です。

まだまだ紹介しきれない音楽がたくさんありますがまた別の機会に!個人的におすすめの曲ばかりです!