カテゴリー一覧はこちら

子どものお尻に湿疹!おむつかぶれかと思ったら湿疹の正体は手足口病!?

どうも!のんこママです。

相変わらず暑い日が続きますよね。我が娘も暑い中頑張って保育園に登園して日に日に色が黒くなっていってます!そんなある日保育園から帰ってきておむつを交換していたら娘のお尻にうすーく湿疹ができていました。

「ん?朝は無かったけどなぁ…暑いからおむつでかぶれてしまったかな?」と思い軟膏を塗りました。以前、湿疹が出来たので病院に行ったところ炎症性皮膚疾患治療剤のアズノール軟膏を処方されました。

そして翌朝。

おむつを交換する際に昨日の湿疹が薄く広がっているではありませんか!娘は特に痒がってはいませんでしたが、なんとなく気になる湿疹です。「ま〜大丈夫だろう…。」とりあえずその日も登園の予定でしたので、到着後先生におむつかぶれが出来たことを伝えました。すると先生が昨日からの経過を聞いて、「ちょっと見せていただけますか?」と湿疹の部分を確認しました。

すると….

「あれっ?お手ても見せてねー。あっー!お母さん見てください」手のひらを見るとうっすらポツポツと湿疹が‼︎

「手足口病かもしれないですね。お母さんすみませんが病院に行けますか?」と先生に言われました。「はい!今から行ってきます」お恥ずかしながら手のひらの湿疹には気づいていませんでした。

その後すぐに病院へ!その頃には足にも湿疹が薄く広がっていました。

結果は手足口病の診断

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。

厚生労働省 手足口病に関するQ&Aより引用

登園できるか医者の診断をいただきその日はお休みしました。すぐに気づいてあげれなくて娘に申し訳なかったです。けれど、本人は元気いっぱいだったので安心しました。仕事先にも急遽休みをいただきその日はゆっくり家で過ごし休養しました。

ちなみに、後日私も手足口病にかかってしまって仕事を2日ほど休むことになりました。かかってから思ったのですが、手洗い・うがい・消毒だけでなく手袋もするべきだったと反省しました。

「まさか自分がうつるわけないよ!こんな元気だからね!」なんて思い手足口病をみくびっていました。幸い私は口内炎が8個と手に湿疹ができただけですみました。大人がかかれば足にもできて歩けないぐらい痛いなども聞いていたので、酷くならいないか心配でしたがすぐに治り本当に良かったです。

湿疹かな?と思ったら手や足にも湿疹がないか確認して見たほうがよさそうです。早期発見!早期治療!が子どものためにも家族のためにも良いですね。