カテゴリー一覧はこちら

文章を書くのが苦手な私が実践しているブログを書くスピードを上げる方法

「文章を書くってこんなに大変なんだ!」

このブログを始めて純粋に思った事です。 私は文才も無ければ書くスピードも遅い…たまに自信を喪失しています。

特に他の方のブログを見ている時に「書き方がうまいな~」とか「表現が上手で読みやすいな~」とかとか。

やっぱり人と比べて落ち込んじゃうんですよね…でも、何だかんだで続けています。

そこで最近特に思うのが文章を書くスピードを上げたい!と言うことです。

いつも「なんでこんな時間がかかるんだろう」と思っていたのですが、よくよく考えてみると書くことが定まっていなかったり、考えがまとまっていませんでした。

そのため、修正を繰り返ししてしまうし文章を考える時間を多く費やしていました。

そこで文章を効率的に書く為に、書く手順を変える事にしました。

今回参考にした書籍が、「10倍速く書ける 超スピード文章術」

5日で本1冊を書き上げるという著者のノウハウが詰まったおすすめの1冊です。

文章の根幹であるタイトルと書く素材を集める

文章を書く上で何を書くかとの要点が整理されていないと、文章自体がめちゃくちゃな構成になってしまいます。

文章の素材や材料になるものを予めストックすることに力を入れることにしました。

まずは、ブログ記事のタイトルを決めて「あれを書こう」「これを書こう」とひたすらメモに書きました。

思いついた事をどんどん書きます。 ある程度素材が集まったところでやっと文章を書きはじめるのです。

すると書く内容のイメージや見出しがすでにできてあるので集めた素材に沿った文章がすらすらと書けちゃいます!

いらない素材や内容は削る作業を行います。後付で書くより削る作業の方が断然楽です。

記憶から消される前にメモはすぐにとる

何か思いついたらすぐにスマホのメモに記録します。そのメモから内容を引っ張り出して、書きたい順に素材を整理して文章の骨組みを作ります。

私はこちらの文字数カウンター付きのメモアプリを使っています。

文字数メモ(文字数カウント付きメモ帳)

文字数メモ(文字数カウント付きメモ帳)
開発元:DRIP PRODUCTS LIMITED LIABILITY CO.
無料
posted withアプリーチ

 

大体1000文字以上を目安にいつも書いているので、確認しやすいのです。

スマホの音声入力を活用して楽して入力

1分間に話せる文字数は約300文字。

書く作業より断然早いですよね!音声入力で文字を入力して、間違えて入力されたところは手動で手直しします。そうする事で文字入力時間のスピードアップをしています。

あとは、書いた内容をワードプレスの下書きに登録して、パソコンで校閲と装飾を行います。

素人だからうまく書けないのは当たり前!自分の表現が大事

うまく書こうと思ったり起承転結を意識しすぎると、文章を書く手が止まってしまいます。

そういうことを考えずにもう少し楽な姿勢で考えるようにしました。正解なんてないので自分の好きな形で書こうと! (完全なる開き直りってやつですね)

そこで自分に合うブログの型であったりルールを少しづつ見つけてブログの書き方に慣れていくのです。

そもそも、大事な事は正確に伝わる事や読みやすい文章にすることだと気づきました。

かたい文章表現や漢字を使いすぎない

なるべくかたい文章表現を避けるようにして、難しい漢字も極力使わないようにしました。

個人的にかたい文章がどうも読み辛いと感じてしまうのです。と言うか…そもそもかたい文章が書けません!

難しい漢字を多用すると賢く見えそうですが、文を読むリズムが低下するので避けたいところです。

ペルソナ法を使って ユーザー像を設定する

「どういう人に読んでもらいたいか?」と意識するようにしました。

わざわざgoogleの検索をしてこのブログにたどり着いた人にとって見る価値のある内容にしたいなと(…できているかは不明ですが)

ただ書くのではなくペルソナ法を活用して、画面の向こう側にいるユーザー像を考えることでより伝わる内容になると思います。

まとめ

「何を書こうか」と迷いながら文章を書いていた時と比べて、格段に書くスピードが上がりました。

文才はまだまだお恥ずかしいレベルですが… いろいろと改善しながらもっと効率化が図れないかを探していきたいです。