カテゴリー一覧はこちら

買うならどっちが良いの!?やっぱり悩んでしまうプレベとジャズべ

ベースっていろいろな種類があります。特に有名なのはプレシジョンベースジャズベースではないでしょうか。

もう定番中の定番ですよね。

しかし、この2つの定番ベースですが、ベーシストにとってはどっちを選ぶか悩ましい問題でもあります。

私はプレベとジャズベを1本づつ持っていますが甲乙つけがたいです。

その時の気分によって弾きたいベースも変わりますし、弾きたい音楽によっても変わります。うーん….持っていても選べないそんなベースです。

早速プレベとジャズベの違いを見ていきましょう。

プレベとジャズベの歴史

エレキベースが世に出る以前は、コントラバスが低音パートを担う主流の楽器でした。

そして、1951年にフェンダー社から発売されたのがプレシジョンベース(Precision Bass)

金属のフレットラインを入れたことで正確な音を出すことが可能になりました。 「プレシジョン=正確な〜 」との意味らしいです。アンプを通して演奏するという低音楽器の革命がおきました。

※プレシジョンベースは略してプレベと呼ばれています。

プレシジョンベースの発売から約10年を経て、さらに進化したベースが1960年に発売されました。それがジャズベース (JAZZ BASS) 。プレベのサウンドを拡張しさまざまなジャンルに対応できるベースとして地位を確立しました。

※ジャズベースは略してジャズベと呼ばれています。

両方のベースとも発売から約60〜70年たっているモデルと知るとなんだか感慨深いですね。

プレベの特徴

スプリットコイルのピックアップが一発のプレベ。中音域が前面に出て図太い腰のあるサウンドが特徴的です。

高音弦と低音弦のピックアップが直列に接続されているので、低ノイズでパワフルな高出力なサウンドを出してくれます。

ネックはやや太くなっています。ナット部分を測ると41mmくらいでしょうか。(私の持っている個体)

参考になるか分かりませんが、手の小さい自分にとってはやや握り辛いです。

コントロールはシンプルでボリュームとトーンの調整が行えます。

私が持っているプレベFender Japan Precision Bass (1993年のフジゲン製)

プレべのサウンドはこんな感じです。

ジャズベの特徴

シングルピックアップがフロントとリアに2箇所設置されています。フロントの柔らかな暖かみのある音とリアの固い音をパラレルでブレンドしさまざまな音色を出すことができます。

高音と低音が特徴的でドンシャリサウンドを簡単に作ることができます。

ネックは細めの作りになっています。ナット部分を測ると36mmくらいでしょうか。(私の持っている個体)

プレベよりは握りやすい印象ですね。

コントロールはフロントボリューム、リアボリューム、マスタートーンの調整を行うことができます。

私が持っているジャズベ Fender mexico JAZZ BASS

ジャズべのサウンドはこんな感じです。

まとめ

結局どっちが良いの?って思っちゃいますが、やはり音の好みやバンドの音に馴染むかどうかだと思います。
あとは弾きやすさなどが自分に合っているかどうかですね。

1番は2本買うことです!(個人的な意見)

関連記事> 多彩な音色が出せる2ハム仕様のMUSICMAN (ミュージックマン) Stingray4 HH

多彩な音色が出せる2ハム仕様のMUSICMAN (ミュージックマン) Stingray4 HH

関連記事>コスパ抜群のおすすめベース!G&L L2000 Japan Premium

コスパ抜群のおすすめベース!G&L L2000 Japan Premium
おすすめのベース
PJ配列のピックアップを搭載したベース
FENDER ( フェンダー ) / Japan Exclusive Aerodyne Jazz Bass US Gun Metal Blue
FENDER ( フェンダー ) / Japan Exclusive Aerodyne Jazz Bass US Gun Metal Blue