カテゴリー一覧はこちら

個性的で色彩豊かな絵本。娘が喜んだおすすめの絵本3冊をご紹介致します。

「 読み聞かせは多読が大事! 」

という事を知ってから娘にはたくさんの本を読み聞かせしています。

定番の絵本でも子どもが気に入るかわかりません。たくさんの本を読んであげて一番のお気に入り絵本を探してあげている最中です。

( 2歳ごろにおすすめの絵本は、身の回りの物をモチーフにして、おなじみの言葉が書いてある絵本に興味を持つそうです。)

そんな訳で今回娘に読み聞かせした本はこちらの3冊。

うめじいのたんじょうび

娘が大好きなかがくいひろしさん作の絵本です。「だるまさん」シリーズが有名ですよね。

絵の雰囲気も見た瞬間に「かがくいさんの作品」とわかります!

たくあんあさづけきゅうりらっきょうせんまいづけ達が、うめじいの誕生日をお祝いするのですが…

「うめじいって何歳なの?」

つけものいしのじっちゃんに聞いても結局わからず…

でも、みんなでお祝いしたら楽しいよね!ってなんともほっこりするお話です。

はっぴぃさん

絵の具で描いたような可愛い世界観の絵に引き込まれます。願い事を叶えてもらうためにはっぴぃさんに会いに行くお話。

「ぼく」と「わたし」の2人は「のろのろ」と「あわてんぼう」。

どうしたらなおるのだろ….

でも、欠点だと思っていた事が他の人から見たら長所に見えるんです。

そんな大切な事を教えてくれる絵本です。

あさになったのでまどをあけますよ

朝がきて窓をあけると、みんなそれぞれの大好きな景色がら広がっています。

何気ない日々にも希望や生きる喜びがたしかにあります。 ふと忘れていたことを思い出させてくれる絵本。

大人が読んでも考えさせられる内容です。

まとめ

今回ご紹介した3冊の絵本は2歳の娘にとってはまだ難しい内容でした。でも、それぞれ個性的で色彩豊かな絵は娘にとって興味が湧く絵本でした。 嬉しそうにしてるとまた絵本を読み聞かせしたくなります!