カテゴリー一覧はこちら

エフェクターの種類や特徴のまとめ!~ エフェクターの基本的な使い方 ~

音色を自由自在に操れる魔法の箱。そうエフェクター!

「あそこの部分ではこの音を出したい!」 とか「憧れの人が使ってるから自分もあのエフェクターを使ってみたい!」 そんな理由でエフェクターを探している方もたくさんいるのではないでしょうか。

でも、エフェクターって種類がたくさんあって、正直どれが良いのかわからないですよね。
馴染みのないエフェクターだと、「そもそもこれってどういう時使うの?」 なんて思う時も。

マルチエフェクターだと様々な音色を試せますが、コンパクトエフェクターはひとつひとつが高価なので、買ったあとに「これじゃなかった」って事になったら大変。そうならないためにもエフェクターの効果と特徴をしっかり把握したいですよね。

と言うわけで、今回はエフェクターの特徴をまとめたいと思います。

歪み系のエフェクター

オーバードライブ ( Over Drive )

アンプを過剰にドライブして得られる歪みの音を再現するエフェクター。 電気回路に高出力の電圧が加えられる事で、音が飽和し歪んだ音となります。歪み系のエフェクターの中では、柔らかな歪みで曲中でもアクセントとなるような音。定番中の定番エフェクターですよね。

ディストーション ( Distortion )

オーバードライブよりもシャープで尖ったさらに歪んだ音。金属音的な音色が特徴的で、ハードロックやヘビィメタルなどの音楽で良く耳にする深みのある音。

ファズ ( Fuzz )

歪み系のエフェクターでは、最も歪んだ音に分類されます。倍音成分が強調されて、かなり攻撃的で攻めた歪み音が印象的です。分厚いハイゲインサウンドで、インパクトがあります。

ボリューム系のエフェクター

ブースター ( Booster )

音量を増幅させたり、後に繋ぐエフェクターの歪みを誘発する為に使用します。最近良く聞くクリーンブースターは、ピックアップの出力不足を解消する時など、歪ませたくないけど音圧を上げたいって時に使います。

イコライザー ( Equalizer )

特定の周波数帯をブースト&カットするエフェクター。微妙な音質補正を行うことで、理想的な音に近づけることができます。アンプに「Treble」「Middle」「Bass」のつまみがありますが、これもイコライザーの一種。調整はやや難しいですが、一台あれば頼りになるエフェクターです。

ダイナミクス系のエフェクター

コンプレッサー ( Compressor )

入力信号のレベルを調整して、音量を揃える役割をします。信号のピークを超えると圧縮して、逆に設定以下の音は持ち上げてくれる効果があります。派手なエフェクトではないですが、音粒を揃えてくれるので演奏時のバランスが均一化して整えてくれます。

リミッター ( Limiter )

効果としてはコンプレッサーに似ています。音を圧縮する役割を持っていますが、やや圧縮の度合いが大きい印象。入力信号のレベルが設定値を超えたら、音を押さえつけるイメージでしょうか。リミッターと言う名の通り、最大音量を確定する役割があります。

フィルター系のエフェクター

エンベロープフィルター ( Envelope filter )

特定の周波数帯にフィルターをかけて、ブーストやカットを繰り返すことで得られる音。「ミョンミョン」と周期的なうねりが印象的な跳ねるような音。ファンク系の音楽でよく耳にする音です。

アンプ系のエフェクター

プリアンプ ( Preamp )

アンプは「プリアンプ部分」と「パワーアンプ部分」におおまかには分けられます。プリアンプは音の作り込みを行なって、パワーアンプで増幅を行います。プリアンプは、その機能をコンパクトエフェクターとして取り出した物です。ベーシストにとっては必需品的なエフェクターです。

モジュレーション系のエフェクター

フェイザー ( Phaser )

位相のズレを利用して変化させた音を原音とミックスさせて得られる回転するようなうねり音。基本的には音程の変化はありません。

コーラス ( Chorus )

時間軸をずらした2つの音を使って、片方の音程は少し揺らします。もう片方の音は、原音とミックスする事で、清涼感のある爽やかな音の効果を得られます。

フランジャー ( Flanger )

仕組みはコーラスと似ていますが、原音を僅かに遅延させた音をミックスさせることで独特のウネリ音を出力します。いわいる「ジェットサウンド」ですね。

トレモロ ( Tremolo )

音に周期的な揺らぎを与えるエフェクター。波のような音が上下する独特の効果を得られます。

空間系のエフェクター

リヴァーブ ( Reverb )

大きなホールなどで聞こえるような残響音を加えるエフェクター。リヴァーブを追加するだけで、奥行きや立体感を音にプラスできます。広い空間で響くような音は、ちょっぴり上手くなったような気がします。

ディレイ ( Delay )

やまびこの様な残響音の効果を得られるエフェクター。アナログエフェクターはBBD素子を使用して、音を溜め込みコンデンサ間を移動させる事で遅延した効果を発生させます。また、デジタルエフェクターはディレイタイムを長く設定することが可能です。

シンセ系のエフェクター

シンセ ( Synth )

短形波やノコギリ波を作成して、入力音と同音程で鳴らすエフェクター。従来の音では出せない飛び道具的な音を自由自在に出力できます。テクノやエレクトロニカに派手なシンセ音がたまらなく合います。

ハーモニー系のエフェクター

オクターバー ( Octaver )

原音に1オクターブ下や2オクターブ下の音をミックスさせるエフェクター。倍音のある奥行きの深い音になります。和音に対応したりしていない機種もありますが、分厚いサウンドは他のエフェクターでは得られない効果です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? エフェクターの種類は多種多様です。同じカテゴリのエフェクターでも、機種やメーカーによっては音のキャラクターやニュアンスが変わってきます。ですから、実際に実機を試奏したり、Youtubeでいろいろな試奏動画を確認したり、自分の環境や機材の相性を見て購入することをおすすめします。

最後にエフェクターの沼にはまらないように気をつけて下さい!