カテゴリー一覧はこちら

子どもにおすすめのレインウェア ( 80cm~ 130cm )。雨の日もおもいっきり遊んじゃいましょう!

どうも!のんこママです!( @nonkomama00 )

「あー今日は雨か…」

なにかと憂鬱になる雨の日。

「せっかくのお休みなのにお外で遊べないや」

パパやママは雨だとそんな事思いますよね。

でもでも、子どもにとったら雨の日でもテンションが上がる日になったりするんですよね。 水たまりに足を入れてバシャバシャと水遊びしたり、雨にうたれて走り回ったりと色々なことに興味をもつ子どもは嬉しくてたまらないはずです。

娘(2歳8カ月)も雨が降っていると、「見て見て雨だ〜」と嬉しそうに私に伝えてきます。

そんな雨の日が大好きな子どもがお外で遊ぶことができるおすすめのレインウェアをまとめてみました。最近のレインウェアって可愛い物がありすぎて、どれにしちゃうか迷っちゃいますよ!

どうしてレインウェアが良いの?

レインウェアは傘をささなくて良いので、両手が自由に動きますよね。転んだりしてもすぐに手をつけることができますし、周囲もしっかり見ることができます。車や人が近づいてきてもすぐに「危ない」って察知できます。

レインウェアは、安心・安全なレインアイテムです。

レインウェアの性能

水の浸入を防ぐ防水性・撥水性と汗をかいた時の蒸れを防ぐ透湿性というものあります。

防水性は、水の浸入を防ぐ加工をしたもの。撥水性は、水をはじく加工をしたものです。防水加工の方が蒸れやすくなる欠点もあります。また、透湿性がないとレインウェア内の汗の逃げ場がなくなってしまい蒸し風呂状態になってしまいます!

性能もちゃんと理解して、子どもの使用用途にあったものを選んであげたいですね。

レインウェアはどんな種類があるの?

レインウェアとは、雨の日に着用する衣類です。特に梅雨時期なんかは大活躍ですよね!
レインウェアのカテゴリの中に、「レインコート」「レインスーツ」「レインポンチョ」などの種類があります。

レインポンチョ

ポンチョ型のレインウェアで、頭からすっぽりかぶるだけで着られるのが特徴です。とにかく見た目がすごく可愛いですよね。
通気性も良いので、レインウェアの中が蒸れにくくなっています。

下からの吹き上げる風には弱いので風が強い日なんかは注意が必要ですね。

レインコート(カッパ)

レインコートはワンピースの形をしています。
袖があるので、レインポンチョよりは手を動かしやすいかと思います。また、ポンチョより着るのが少々大変なのかなと思います。

一般的な形状のレインコートは、シンプル+安定の機能性ですよね。

レインスーツ

レインコートにズボンもついているタイプになります。
他のレインウェアは、足元が濡れる欠点がありましたが、こちらのタイプはズボンでしっかりと雨をガードしてくれます。
雨が強い!風が強い!などの時は、安心ですよね。実用的な使い方をするならレインスーツですね。

着たり脱いだりは、すこし大変。

レインパンツ

足元を濡らさないレインパンツ。ポンチョやレインコートと併用して使ったり、上は傘で雨に濡れないようにしたりと、使い方の幅が広がる1着です。オーバーオール型のレインパンツを着て砂場で泥んこ遊びなんかもできちゃいますね。

まとめ

レインウェアもたくさんの種類があって正直どれが良いのか迷っちゃいます。機能性デザイン素材など選ぶポイントを把握して、子どもにあった1着を見つけましょう。レインウェアのサイズはこれからの成長と重ね着をする事を考えて2サイズ上を買うのがおすすめです!