ほしい物を買うだけでお金が戻ってくる仕組みをご存じ?

3歳から使えるコスパ抜群のキトコ ( kitoco ) のキッズダイニングチェア

どうも!のんこママです!

早いもので娘ももう3歳!

子どもの成長ってあっという間ですよね。元気にすくすく育ってくれている娘ですが、いつも使ってるローチェアがだんだんきつそうに見えてきました。1歳8ヶ月頃に購入したチェアなので、それもそうですよね。

関連記事>食事やテレビを見る時に大活躍!yamatoya(大和屋)の便利なローチェア

食事やテレビを見る時に大活躍!yamatoya(大和屋)の便利なローチェア

そんな成長した娘にぴったりのチェアをネットで探していたのですが、大和屋が販売している「キトコ」のキッズダイニングチェアがかなり良さそうでした!

それがこちらのチェア!!

シンプルな見た目で可愛らしい丸みを帯びた曲線状のデザインがお洒落ですよね!
今回は実際購入して気づいた点をまとめたいと思います。

足置きと座板調整ができる

子どもの成長に合わせて、足置きと座板の調整が可能です。心地良く座れて、負担の少ない座り心地は、子どもにとっても嬉しいポイントではないでしょうか。足置きは5段階の調整が可能で、しっかりと足がつける高さに調整する事ができるので、安定感があります。

横からみるとこんな感じ。

座板は奥行きをスライドして調整できます。しっかりと背中をつけるので、姿勢良く座ることが可能

なんと言っても、長く使い続けられるのが1番の魅力ですね!

広告

耐荷重80キロなので安心

「長く使えるのが魅力」と書きましたが、耐荷重はなんと80キロ!大人が座っても大丈夫なキッズチェアになります。子どもの成長は早いので、調整もそうですが、やはり強度や安全性も考慮したチェアは信頼できます。

軽いので持ち運びが楽々

ナラ材を使用しており、重さはなんと6キロ!見た目は少し大きいですが、持ってみると…「あれ?こんな軽いの」って思うくらいの印象です。女性の方でも楽々運ぶことができます。すぐに移動し易いのもおすすめのポイントです。

座板はクッション製なので疲れない

座板のクッションは柔らかい素材でできているので、座っていておしり部分に負担がかかりません。今まではクッション部分が無いチェアを使っていたせいか、長時間座るって事をしませんでした。

カバーも別売りで売っているので、自分好みの仕様に変えることもできます。

同じ目線で食卓を囲める

ダイニングテーブルと同じ高さなので、家族みんなで食卓を囲む事ができます!顔を合わせてお喋りするので、コミュニケーションが増えるという利点もあります。また、親の食べる姿を見てマナーを自然と学んでくれるのではないでしなょうか。

落ち着いたカラーで家具に合わせやすい

カラーはナチュラルダークブラウンがあり、幅広く部屋のインテリアに合わせることができます!やっぱり木の風合いは、落ち着きますよね。

テーブルにつけると降りるのが大変

ダイニングテーブルとチェアと密着させると、3歳の子はチェアを自力で動かすことができないので、登り降りができなくなります。もう少し、大きくならないと親の手助け無しでの登り降りができないかと思います。

まとめ

組み立て動画もあるので、組み立ても簡単に行う事ができます。チェアは毎日使うものなので、しっかりとした物や安心できる物がやはり良いですよね! 3歳から推奨しているチェアなので、この月齢からキッズチェアを探している方なら、抜群におすすめできるチェアです。値段は約2万円と少し高めですが、値段以上にコスパが良いチェアだと思います。

娘も嬉しそうにチェアに座って、お絵描きなども楽しんでるので、ニコニコしている表情を見たら買ってよかったなと思っています。