興味のあるカテゴリを探す

3歳から取り組めるおすすめのワーク!論理的な考え方ができる子どもを育てるには?

どうも!のんこママです!

「子どものワークって色々な種類があって迷いませんか?」

何をさせたいかで選ぶワークブックも変わるし、本屋さんであれこれ見て結局買わないなんて事も。

要は子どもが楽しく取り組めるワークが1番なんですけどね!

これからはプログラミング的なスキルが必要になってくる時代がきます。AIの発展で今後仕事が奪われるなんて事もあるかもしれませんし…。 子どもには、何の仕事に就いても良いと思っていますが、やっぱりプログラムのスキルも持ち合わせていれば、今後役に立つのでは?と個人的に思っています。(親の願望)

そういうプラグラミングで必要な論理的思考を習得するにも「考える力」を養う必要があります。

小さい頃から幼児用のワークや知育玩具を使って学べたら良いなとの思いで、いろいろ試している最中です。

今回試しに購入したのが、この4冊のワークブック。

七田式・知力ドリル(2・3さい) みぎのう

七田式教育は世界19か国の地域で100万人が学ぶ教育方式です。もう有名すぎる七田式!そんな、教育ノウハウを凝縮したワークですから、良いモノで間違いないですよね!子どもの脳には、高い吸収力があります。早い段階で教育をすることで高い能力を育むことができるという、「才能ていげんの法則」。実際の効果はわかりませんが、試す価値はあるのかなとは思います。

学べること
物事を全体的や客観的にみる
瞬間記憶の練習
空間認識能力を鍛える

絵を覚えて、次のページで無いモノを探したりと、ゲーム感覚でできるワークブックです。親と一緒に遊びながらできるので、娘も嬉しそうに「どれかな?」と言いながら熱心に取り組んでいます。

はじめてのワーク2・3・4歳 (こどもちゃれんじ)

こどもチャレンジは、「発見する力」「考える力」「解決する力」を段階的に学べる教材です。その長年培った知育ノウハウを幼児向けのワークに落とし込んだおすすめの1冊。

これは子どもがしまじろうが好きすぎて選んだワークなんですけどね。毎日しまじろうを見ている娘にとって、この表紙のしまじろうは、インパクト大です!

学べること
書く楽しさと鉛筆の練習
1~5までの数字のお勉強や数量感覚を養う
図形や色を使って同じものを探すことで、論理的な思考を鍛える

楽しく学ぶというコンセプトで、ワークに取り組む意欲を高めます。何事も楽しく学べることが1番ですよね。

お手本もあるので、説明する時に「こうやって書くんだよ」と見せながら説明できます。子どもも理解がすぐにできるので、3歳の娘も迷うことなく書き始めることができます。「できたよシール」もあるので、終わったページにはシールをペタッ。娘も達成感だったり、勉強意欲が高くなるのか、「お勉強する!」と積極的に言ってくるようになりました。

学研の幼児ワーク 3~4歳 こうさく

学研が発売している幼児向けのワーク。「選びやすい年齢別」「意欲が続く問題構成」「考える力をのばす問題」と3つの特徴を持つこちらのワークですが、イラストが本当に可愛くてページをめくる度に「楽しそう」という印象。切ったり貼ったり折ったりと立体的な形を考えながら作るので、手先の器用さや想像力を養う事ができます。

学べること
直線・曲線を切る
指定の場所に貼る
しるしに合わせておる

娘も最近はさみの使い方を覚えたので、夢中でチョキチョキ紙を切っていきます。最初に、「ハサミのマークがある場所を切っていくんだよ」と説明するとすぐに理解して、こうさく作業を行うことができました。

さあ完成!


ん?耳がつながっている…..。

学研 おんどく れんしゅうちょう 3~4歳

こちらも学研の幼児向けワーク。この1日5分で頭がよくなるとの文言を見て、ついつい購入してしまいました。今ひらがなを絶賛勉強中の娘にとっても勉強になる1冊です。こちらの本を音読すると脳を活性化させて、表現力や記憶力をUPしてくれるおすすめのワークです。少々内容は難しい部分もありますが、難易度が高い程、効果が高いのではないかなと思います。

学べること
ひらがなのお勉強をする
音読・暗唱で脳を鍛える
表現力を育て、記憶力を高める
読むことが大好きになる

文章を読むだけではなく、線を描いたり色を塗る作業があったりと、指先のトレーニングも兼ねたおすすめの幼児向けのワークになります。いろいろな楽しい仕掛けがあるから、勉強も楽しくなっちゃいますよね!

まとめ

最近購入して試したワークをまとめましたが、幼児向けのワークってたくさんあるんですよね!実際に本屋さんへ行き子どもと一緒に選んだ方が良いのかなと思います。楽しく遊びながら、そして、子どもの為にもなるワークはおすすめです。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。