ほしい物を買うだけでお金が戻ってくる仕組みをご存じ?

することボードで身支度上手な子どもへ!何も言わなくても率先して行動してくれます【子ども版ToDoリスト】

朝はどうしても子どもの支度に手を取られがち。「ご飯食べて」「お着替えして」「歯磨きして」と次から次にすることがあるので、ママやパパはバタバタ大忙し。

子どもにとって物事を時系列に処理することは、なかなか難しいことですよね。また、決められた時間内に物事を済ますことも難しいのかなと思います。

そんな忙しい毎日ですが、「すること」を子どもと一緒に共有できたら、準備もスムーズに行えるのではないでしょうか。そこで色々調べて見つけたものが「することボード」です。

広告

することボードとは?

することの順番を決めて一つづつ済ませようという、子ども版のToDoリスト的なものです!
視覚的に次は何をすれば良いのかが一目でわかるので、子どももすんなりと次の行動にうつることができます。1つの行動が終わる度に「終わった」と認識できるので、達成感を都度味わうことができます。この積み重ねが「しなさい!」ではなく「しよう!」と自主的に動けるようになる秘訣ってわけですね。

みてみてできたよボードを購入

今回購入したのが、みてみてできたよボード

表と裏で「よるすること」と「あさすること」で分かれているので、状況に応じて使い分けることができます。
することが書かれたマグネットを8つ並べることができるので、終わったら下のできたの位置にスライドさせて移動させます。

ポップなイラストと淡い色使いがとても可愛らしいですよね。

マグネットの種類

することのマグネットは20種類+自分で自由に書ける無地のマグネットが4つ。

「よるすることのマグネット」

・おきがえ ・おくすり ・よるごはん ・しょっきをはこぶ ・おふろ ・てあらいうがい ・あらいものをだす ・ほんをよむ ・はみがき ・おかたづけ ・トイレ

「あさすることのマグネット」

・おくすり ・かおをあらう ・あさごはん ・しょっきをはこぶ ・はみがき ・おきがえ ・トイレ ・じゅんび ・かみをととのえる

使ってみた感想

マグネットを使うことが、ゲームをしている感覚で楽しいみたいです。「次はこれだね!」と自分でできたことからマグネットを移動させている姿が、見られるようになりました。また、言葉で伝えるより絵を見て、直感的に伝える方がスムーズに理解しているようです。作りもしっかりしているので長く使うことができそうですよ!

まとめ

自主的に動けるということは、大事なスキルです。小さい頃から日々習慣付けることで、これからの生活に大きな影響を与えてくれるのかなと思っています。….とまあ、願望を書きましたが、1番は子どもとママ・パパがお互い楽しみながら準備ができるということです。イライラして口すっぱく言うより、できたね!すごいね!と褒めながら準備ができる方がお互い良いですよね!