ほしい物を買うだけでお金が戻ってくる仕組みをご存じ?

無料で始められるネットショップって知ってますか?高機能の「BASE」でオリジナルのお店をはじめよう!

どうも!のんこママです!( @nonkomama00 )

「自分で作ったもの」や「独自に仕入れたもの」をネットを使って販売したいな!

ネットショップ始めたい!と意欲があってもいろいろな問題に直面しますよね。

・ネットショップを作るには専門的な知識がいるんじゃないか?
・利用料が高いのではないか?
・管理や使い方が難しいのではないか?

のんこママ

うーん…ハードルが高そう!!

私も過去にさまざまなネットショップ作成や立ち上げに携わったことがあります。

今での作成・管理経験
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・Amazon
・カラーミーショップ
・メイクショップ
その他諸々….

特にモール型のネットショップの集客は、頑張らなくてもそこそこ人が入ってくるイメージですが、「システム利用料」「販売手数料」「モール内で広告料」がかかってしまったり…

なんだかんだで、お金がかかります。

のんこママ

ライバル店舗も多いので価格競争も結構激しめです。

そもそも自分がイメージしているサイトのように作ることが難しい。

そんなネットショップについて悩んでる方におすすめのサービスがあります。無料で始められるネットショップ。

それが「BASE」!

香取さんがCMをしています!

「BASE」は無料で作成することができるのに、ネットショップに必要なものがパッケージされている、便利なネットショップ作成サービス。

メリット
・初期費用や月額費用が無料
・とても簡単にネットショップを作ることができる

販売手数料は若干かかりますが、必要経費だと思えば安いものです。

のんこママ

本格的に始めるのは躊躇するけど、まずはやってみたい!って思う方には最適なサービスなのではないでしょうか?

イメージ的に「メルカリ」に近いものを感じますが、やはり自分のページをブランディングできないところはマイナスポイント。

また、メルカリって意外と販売手数料が高い!(10%)

BASEは多数のデザインと自分で設定した販売方法でものを売ることができます。ショップのURLも取得できるので、SNSで拡散して販売したりと、販促もいろいろな角度から行うことができるんです。

今回は、「BASE」のサービスについてまとめたいと思います!

BASE(ベイス)ってどんなサービス?




専門的なWEB制作知識も必要なく、お手軽にネットショップが作れるサービスです。イメージですが、SNSのアカウントを作るような感覚で始められます。

のんこママ

機能やカスタマイズが豊富なので、自分の個性を出すことが可能!

2012年11月より始まったサービスで、BASE株式会社(BASE, Inc.)が運営をしています。
3年連続ネットショップ開設実績No.1の今大人気のサービスで、なんと100万ショップものお店が開設!

広告

登録の仕方

のんこママ

登録は約5分でできちゃいますよ!

BASE 無料ショップ開設はこちら

BASEのサイトにアクセスするとショップ開設画面が表示されます。

以下項目を入力しましょう。

・メールアドレス
・パスワード(英数字6文字以上)
・ショップURL(3文字以上)
・ドメインの選択

登録画面

入力が終わったら、「無料でネットショップ」ボタンを開くをクリック。

これだけでショップのアカウントが登録完了しちゃいます!

登録画面

作成したショップアカウントの情報入力作業は4ステップで行います。

STEP1.メールの認証手続きを行う

先ほど入力したメールアドレスに確認メールが送られてくるので、そこに記載されている認証用のURLをクリックすることでアカウントの認証を行います。

登録画面

STEP2.運営情報を入力

ショップのことに関して入力します。
後から変更もできるので、分かる範囲で記入をしましょう。

・個人 or 法人
・氏名
・住所
・連絡先 (電話番号認証もここで行う)
・その他(営業時間や定休日等々)
・販売価格について (記入例有)
・商品の引き渡し時期 (記入例有)
・返品に関する事項 (記入例有)

登録画面

STEP3.お支払い方法の選択

お支払いに関しての設定を行います。

・決済方法の選択
・屋号の設定
※支払い時の明細書に記載されます。
・運営ショップ情報(取り扱い商材を選択)
・事業者の情報
※氏名・生年月日・住所

登録画面

STEP4.ショップ完成

後は設定ページに移動して、「公開する」にチェックを入れると実際に表示されます!

登録画面

のんこママ

めちゃくちゃ簡単につくることができました!

テンプレートの種類はどのくらい?

お洒落なテンプレートを11種類使うことができます。

全部がお洒落すぎて、どのテンプレートを選ぶか迷っちゃうほどです….
また、選んだテンプレートは、背景色を変えたり、ロゴの変更であったりと自分好みのカスタマイズが行えます。

有料テンプレート
さらにデザインに凝った1ランク上のデザインも有料(5000円~)ではありますが、用意されています。

販売手数料はいくらかかるの?

はてなの画像

BASEは無料で利用することができますが、ものが売れた際に手数料が発生する仕組みになっています。

販売時の手数料は、決済時の「BASEかんたん決済手数料」と「サービス利用料」

1.BASEかんたん決済の種類と手数料

各決済を利用するにあたっての手数料が発生します。

コンビニ決済 注文に対して 3.6%+40円
銀行振込決済
クレジットカード決済
後払い決済
キャリア決済
PayPal決済

2.サービス利用料

実際にものが売れた時に発生する販売手数料です。

サービス利用料 注文に対して 3%

販売時の手数料計算

販売手数料は、販売代金+送料に対して発生します。

それでは、1200円の商品が2個売れた場合の手数料を算出してみましょう!(送料は600円とする)

のんこママ

なんか算数の問題みたいですね!

商品が2個で合計で2400円となります。さらに、600円の送料が加算されるので3000円。
この3000円に対して手数料がかかります。

A.かんたん決済手数料
3000円× 3.6%+40円 = 148円

B.サービス利用料

3000円× 3% = 90円

このA+Bの合計が売り上げ金からひかれることとなります。

3000円 – 238円 = 2762円

合計3000円(送料含む)の売り上げで、申請できる金額が2762円となるわけですね!

振込手数料はいくらかかるの?

ショップの売り上げ金は、BASEで預かっている状態になっているので、指定の銀行口座へ売上金を引き出す作業を行わなければなりません。そこで発生するのが、振込手数料と事務手数料。

振込手数料は一律で250円

事務手数料は申請金額で異なります。
・申請金額が2万円未満の場合は、500円
・申請金額が2万円以上の場合は、0円

振込申請をする場合は2万以上ある時にしたほうが断然お得です。
実際に振込時にかかる費用に関してまとめています。

振込・事務手数料まとめ
申請金額が2万円未満 750円
申請金額が2万円以上 250円

少量の販売ですと手数料で損しちゃう可能性もありますので、販売価格はしっかりと確認して設定しましょう。

BASE 無料ショップ開設はこちら

商品の登録方法

商品の登録も至ってシンプルで、難しい操作がありません!

管理画面→商品管理→商品を登録

基本情報を入力して、公開するだけです。

・商品名
・商品画像(20枚まで追加可能)
・商品説明
・価格(税込)
・税率
・在庫数と種類(サイズなど)
・表示・公開設定

商品登録画面

シンプルな項目なので、登録も簡単!

BASEの機能を拡張するBASE Apps

閃きの画像

ショップでいろいろな設定を追加したい時に便利なのが、BASE Apps!

したいことを実現してくれるさまざまな拡張機能がほぼ無料で使用できます。

・海外向けに英語表示に変換してくれる
・予約販売が可能になる
・オリジナル商品を作ることができる
・Instagramで商品販売することができる
・QRコード決済が可能になる

ここでは紹介しきれないくらい無料の拡張サービスがあります!

しかも難しい操作は無く、直感的に設定を行うことができます。

発送作業が楽に行える

ヤマト運輸提携の「かんたん発送」のAppsを使えば、ファミリーマートの店舗端末やヤマト運輸の端末でQRコードを使って、送り状を作成することができちゃいます。

おすすめポイント

・配送料が全国一律料金になる
・送料を売上金から引き落とすことが可能なので、お支払いは後からでOK
・送り状が自動で作成される

在庫を持っていなくてもネットショップが始められる

「売るものが無い!」って方におすすめなのが、BASEのオリジナルグッズ作成Apps!
しかも、注文が入ってから作成から発送までしてくれるので、ノーリスクで始めることもできます。

オリジナル商品を作れるものは以下

・スマホケース
・Tシャツ

また、オリジナルグッズ作成サービスの連携も可能なので、いろいろな商品を販売することも可能。

・Canvathと連携

いろいろな形のスマホケースが作成可能なサイト

・pixivFACTORYとの連携

バッジやステッカーや50種類以上のアイテムからオリジナルグッズ作成が可能

集客方法どうすれば良いか?

実店舗をお持ちの方なら、自社のホームページとリンクを結ぶことで集客を見込めますが、個人の方などはやはりSNSを使っての販促がメインになるかと思います。

BASEでは、インスタグラムと連携できるAppsも用意されているので、そちらを利用して効率よく集客導線を引くことも可能です。

デメリットは何か?

お洒落なテンプレートが多数ありますが、やはり自分の好みのものがなければ納得いくネットショップを作ることができません。思っているものをそのまま表現する為には、もっと自由度の高いネットショップサービスを利用する方が良いかもしれません。

BASEは少ない商材を取り扱ったり、そこまで手をかけたくない方向けだと思います。

また、モール型のネットショップではないので、集客は自力で行う必要があります。
そもそも認知されていないショップですので、知名度を上げる点は少し大変かと。

無料ネットショップSTORES(ストアーズ)との違いは?

「STORES」も「BASE」と同じ無料でネットショップの作成を行えるサービスです。
似ているサービスですが、若干異なる点もあります。

以下にまとてめてみました。

BASE STORES
料金 無料 無料
販売手数料 6.6% 5%
振込手数料 250円 250円
商品登録数 無制限 無制限
テンプレート数 11 48

うーん….こうしてみるとどちらもそんな変わりが無い気が…..!

最終的には、使い易さや好みなのかもしれません。

登録も約5分でできるので、両方登録して比較してみるのもアリだと思います!

まとめ

ネットショップって難しいものだと思っていましたが、無料でここまでの機能が使えるなんて正直驚きです。一昔前までは、ネットショップを始めるとなると大掛かりな作業が必要でした。

少しでも収入をUPさせる為に、ネットショップのオーナーとして始めるのもアリかと思います。だって、無料でですし、ほぼノーリスクで始めることができるのですもん! ただし、努力は必ず必要ですよ。

興味を持ったのなら一度無料登録して試してみるのも有りかと思います。

BASE 無料ショップ開設はこちら